サックス

サックスの楽器情報

サックス

ソプラノサックス(soprano sax)、アルトサックス(alto sax)、テナーサックス(tenor sax)、バリトンサックス(baritone sax)のご購入は、管楽器専門店ダクへどうぞ。国内外の人気モデルを豊富に取り揃えており、店頭で標準価格よりお値引きして販売しております。ご購入前には、試奏室でゆっくりとお試しいただけますので、お手に取ってごゆっくりお選びいただけます。ぜひ各メーカーのサックスを吹き比べてみてください。
ダクでは、P.モーリア、セルマー、ヤナギサワ、ヤマハ、ジュピターなど国内・海外の多様なメーカーやモデルを豊富に取り扱っており、クラシック、ジャズ、ポピュラーなどあらゆるジャンルのニーズにお応えいたします。渋さと色気を持つヴィンテージサックスも取り扱っております。また、サックスのマウスピース・リガチャー、ケースなどサックスの演奏に必要なアクセサリーもございますので、ご自分にあったサックスのセッティングをお選びいただけます。
これからサックス(sax・saxophone)を始めたいという方のために、サックスの選び方や基礎知識を紹介するページもございます。店頭でもスタッフがお客様の楽器選びをお手伝いいたしますので、初めての方も安心してお越し下さい。「あのフレーズが吹けるようなりたい!」という方も大丈夫。ミュージックスクール「ダ・カーポ」で楽しく学べます。グレードアップをお考えの方も、専門スタッフがお客様のご希望に合うサックスを豊富な在庫からご提案させていただきます。

安いからといって中古品に飛びつくと、後で修理代の方が高くかかった、ということになりかねません。中古品を選ぶにはある程度専門知識が必要です。サックスも他の木管楽器と同様、パッド(タンポともいう。音孔をふさぐところ)の調整やキーメカニズムの点検・注油を定期的に行う必要があります。消耗部分も多く、時期がくると交換する必要があります。アフターケアのしっかりした専門店ダクでご購入ください。

【アルトサックスについて】
サックスというのは人の名前だということをご存じでしたか? アドルフ・サックスという人が考え出した、管楽器の中では比較的歴史の新しい楽器です。古典的な曲を吹きたい場合はサックス用のオリジナル曲がないため編曲して演奏することになります。
ほとんどは真ちゅうなどの金属で作られていますが、クラリネット同様一枚リードで発音するので、木管楽器に分類されます。木管楽器の中では最も大きな音が出せ、甘い音から激しく鋭い音まで出すことができ、表現の幅が広く、クラシックだけではなくジャズでも重要な楽器として活躍しています。
ソプラニーノからコントラバスサックスまで種類がありますが、アルトサックスは人間の女性の声に近いといわれ、テナーサックスと共にポピュラーなサックスです。アルトサックスよりさらに高い音域のソプラノサックスは、持ち替えで使われることが多いのですが、サックス四重奏や、ジャズではソロパートを受け持つ重要な役割を果たします。
マウスピース(唄口)やリガチャー(締金)、リードは、サックスを吹く上でたいへん重要な役割を果たします。ある程度吹けるようになってきたら、自分に合ったマウスピースやリガチャー、リードを見つけるようにしましょう。クラシック・ジャズ・フュージョンなどのジャンルの違いや、個人個人の奏法の違い、音の好みの違い等があります。管楽器専門店ダクでは、専門スタッフがいるので初心者の方でも安心してお選びいただけます。初心者用で10万円位から品質の良い楽器がご紹介できます。売れ筋は20万円台〜40万円台で、その値段帯なら国産品、輸入品の品揃えが豊富でお好みの楽器が選べます。同じランクの楽器でもシルバーメッキやゴールドメッキをかけたモデルは高くなります

【テナーサックスについて】
アルトサックスより低い中低音が魅力的なテナーサックス。音量も豊富、表現力も大きいとあって、クラシックだけでなく、ジャズや演歌などポピュラーの世界でも大活躍、むせび泣くようなテナーのソロは他の楽器の追随を許しません。
アルトサックス等と持ち替えで吹くことも多いのですが、どちらかというとアルトが好きな人と、どちらかというとテナーが好きな人に別れるようです。
ほとんどは真ちゅうなどの金属で作られていますが、分類は木管楽器です。
ポップスの世界ではブラックラッカーの楽器を使う人もいますし、ボディーやベルがスターリングシルバーでできた高級機種もあります。マウスピース(唄口)やリガチャー(締金)、リードは、サックスを吹く上でたいへん重要な役割を果たします。ある程度吹けるようになってきたら、自分に合ったマウスピースやリガチャー、リードを見つけるようにしましょう。クラシック・ジャズ・フュージョンなどのジャンルの違いや、個人個人の奏法の違い、音の好みの違い等がありますので、詳しいスタッフがいる専門店に相談してみましょう。価格はアルトサックスより少し高く、初心者用で10万円台から…20万円~50万円位が機種も豊富で、あなたにぴったりのテナーサックスが見つけやすいでしょう。

【バリトンサックスについて】
アルトサックスの1オクターブ低い音域のサックスで、サックスカルテットでは最低音を受け持ちます。
音色は男性の野太く低い声に似ており、柔軟さと共に迫力のある低音が出せるので、ジャズのビッグバンド等でも活躍、ジェリー・マリガン氏等、バリトンサックスで有名なソリストもいます。
大型管楽器だけに値段も比較的高く、新品では60万円から。中古を探す人も多いのですが、出てくる本数が少ないので見つかるまでに時間がかかることが多いでしょう。また、最初はアルトサックスか、テナーサックスからスタートする人の方が多いです。ご購入前に一度専門店ダクにご相談ください。専門スタッフがいるので初心者の方でも安心してご購入いただけます。

ほかの楽器を見る