チューバ

JK(ヨット・カー) エリートシリーズ【佐藤 和彦シグネチャーモデル】
カテゴリ: マウスピース 楽器名:チューバ

【佐藤 和彦シグネチャーモデル】K.S-Ce(ヨーロピアンシャンク)

 リム外径:47.7mm/リム内径:32.89mm/スロート:8.2mm

 

佐藤 和彦氏コメント

このK.S-Ce マウスピースは、ややフラットなリム、ヘルバーグタイプの深めのカップ、太めのヨーロピアンシャンクに設計されています。
基本的にはオーケストラや吹奏楽などの編成で演奏した際に楽器の持つ響きを最大限に引き出すことをコンセプトに作られましたが、
操作性も良く、クリアな発音や滑らかなスラーも可能にしたバランスのとれたマウスピースです。

 

佐藤 和彦 プロフィール
佐藤和彦 国立音楽大学卒業。
第5回フィリップ・ジョーンズ国際コンクール(仏)テューバ部門第3位受賞。第43回マルクノイキルヒェン国際コンクール(独)テューバ部門第2位受賞。fontecよりソロアルバム「Eternal」、B-Musicより「コップラッシュ60の練習曲」、「テューバ小品集」をリリース。テューバを稲川榮一、柏田良典の両氏に師事。
現在、新日本フィルハーモニー交響楽団 首席テューバ奏者。ジャパン・テューバ・ソロイスツ、ズーラシアンブラス、bottom's bells、各メンバー。東京藝術大学、国立音楽大学、くらしき作陽大学、平成音楽大学、ミュージックスクール「ダ・カーポ」、各講師。日本ユーフォニアム・テューバ協会常任理事。